ポリープ切除

sp_btn01.png
アクセス・診療時間

大腸がんの予防と早期発見には、内視鏡検査が有効です。

ポリープの早期切除で大腸がんのリスクが激減します。

切除について

1〜2cm程度のものは当院で切除手術を行っております。内視鏡検査の際に発見されれば、その場での切除も可能です。さらに大きなものは、術後の出血や穿孔(腸に穴があく)の可能性が高くなるため、施設の整った病院を紹介しております。もちろん、小さいポリープでも切除後に出血などが見られる場合があります。その際は当院で初期対応をいたします。

早期切除の重要性

ほとんどのポリープは良性の腫瘍ですので、小さなものすべてを摘出する必要はありません。しかし、明らかに悪性のものや、どちらかわからないものは小さいものでも摘出する必要があります。小さくてもがんを合併している場合があるからです。大腸がんは進行が遅く、早期切除できれば、ほぼ100%治すことができます。小さなポリープは、大腸のヒダに隠れて見えにくい場合があります。当院では時間をかけた丁寧な検査で見落としのないよう心がけています。