肝臓外来

sp_btn01.png
アクセス・診療時間

インターフェロンを使わない新しい肝炎治療が始まっています。

当院では肝臓専門医が最新の治療を紹介しています。

肝臓専門医について

当院は日本肝臓学会認定の肝臓専門医です。日本肝臓学会指定の指導医の元で専門の研修カリキュラムを経て、専門医認定試験に合格した医師を指します。認定施設で様々な症例を経験し、決められた実績を残さなければ取得できない資格です。
栃木県ではC型肝炎治療の助成制度を利用するための診断書は、この肝臓専門医にしか作成できません。

肝炎の診断・治療について

かつてB型・C型肝炎は発熱や倦怠感など、副作用を伴うインターフェロン治療が主流でした。しかし、現在は大きな副作用がなく治癒率の高い飲み薬だけの治療が主流になっています。治療も保険適用になり、国からの助成制度も充実しています。「肝臓は治らない臓器」と言われた時代もありましたが、現在は研究も進んでいます。特に検査せずに放置している方や、副作用が強く治療を中断された方など、最新の治療法をご紹介いたしますので、一度ご来院ください。

その他の肝臓疾患

アルコール性肝障害や脂肪肝、肝硬変などがあげられます。最近は脂肪肝の人が増加傾向にあります。脂肪肝といえば以前はアルコール性脂肪肝でしたが、今は非アルコール性脂肪肝が増えています。非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)から肝硬変や肝がんなど、深刻な病気に発展すると言われています。NASHの明確な原因はまだよくわかっていませんが、過剰なダイエットやメタボリックシンドロームなど生活習慣・食生活が深く関わっているとされています。当院では肝疾患の検査から、生活習慣の改善アドバイス、栄養指導・運動指導を行っております。患者さまの健康的な生活をサポートします。