胃内視鏡検査

sp_btn01.png
アクセス・診療時間

当院では最新細径の経鼻内視鏡を使用し、

日本消化器内視鏡学会専門医が苦痛の少ない検査を行います。

当院の胃内視鏡検査の特徴

口から内視鏡検査を行い、強い嘔吐感に襲われたり息苦しかったり、辛かったことはありませんか。また、初めての内視鏡検査に不安を感じてはいませんか。
当院は鼻から内視鏡を挿入します。そのため、内視鏡が舌根部に当たらず、嘔吐反射を最小限に抑える事ができます。鼻腔が狭く、鼻から挿入が困難な場合には口からの挿入になりますが、通常の経口内視鏡に比較し細経のため、咽頭の閉塞感は軽減されます。希望される方には弱い麻酔をかけて眠った状態で行います。以前の検査が辛かった方や初めての検査で不安の強い方には、麻酔の使用をおすすめいたします。

胃の検査が必要な理由

日本人は胃がんの多い国民と言われております。
ピロリ菌の感染率が高く、胃がんの発生しやすい慢性胃炎を有する方が多いためです。
慢性胃炎の診断は、バリウム検査でも可能ですが、粘膜のより正確な評価を行うためには胃内視鏡検査がすぐれています。

このような方に検査をおすすめします

40代以上で内視鏡検査を一度も受けたことがない人におすすめします。胃がんの原因であるピロリ菌は、40代以上で感染率が高くなるためです。ピロリ菌の除菌治療を保険で行うためには内視鏡検査が必要になります。

検査の予約について

基本的に検査は予約制です。診察を経て、必要と判断した方には検査の予約をお取りいたします。ただし、緊急性が高い場合には受診当日の検査となります。麻酔を使用した場合、検査後、眠気やふらつきが出る場合がありますので、車の運転は控えていただきます。