大腸内視鏡検査

sp_btn01.png
アクセス・診療時間

経験豊富な消化器内視鏡学会専門医がベテランスタッフのサポートにより、

苦痛の少ない大腸内視鏡検査を行います。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

内視鏡が腸壁を伸展させ痛みが出る。腸を膨らませるため空気を送り込むのでお腹が張って苦しい。大腸内視鏡検査でよく言われる悩みです。
当院ではそのような苦痛がないよう最大限の注意を払っています。昼の一般外来の休診時間を利用し、時間をかけて丁寧に検査します。看護師が付き添い、体位の変換や腹部を手で圧迫するなど、医師と協力して内視鏡を挿入していきます。他の患者さまはいませんので、ゆったりと検査を受けていただけます。ポリープの切除もその場で可能です。胃内視鏡と同様に静脈麻酔を使用し、眠りながらの検査も可能です。診察時にご希望をお伝えください。

検査前の準備について

検査の前は下剤を飲んで、お腹の中をきれいにしなければなりません。しかし飲み方がやや複雑なため、よく分からないと言う方もいらっしゃいます。そのような方は、早めにご来院いただきクリニックで飲んでいただくことも可能です。看護師が丁寧に指導いたします。

大腸の検査が必要な理由

大腸ポリープの中には、1cm程度のものでも一部にがんを合併している場合があります。この大きさのがんは切除して初めてわかるものです。大腸がんは自覚症状が出にくいがんです。自覚症状が出た場合、かなり進行している可能性が高い状態です。従って、症状が見られないうちに治療することが重要になります。早期発見・早期治療のためには内視鏡検査が有効です。定期的な内視鏡検査が大腸がんによる死亡率を低下させる効果があると科学的にも証明されています。

このような方に検査をおすすめします

現在、がんの中で女性の死亡数が最も多いのが大腸がんです。男性でも肺がん・胃がんに続いて3位です。大腸がんやポリープは遺伝的に発生しやすい人がいることが最近の研究で分かっています。ご自身の年齢にかかわらず、家族や親族に大腸がんの人がいる方は一度内視鏡検査を受けることをおすすめします。また、50歳以上の方は、5年に1度、定期的に検査を受けることで大腸がんでの死亡率が下がることが確認されています。